【磐田,浜松,袋井】パソコンサポートと出張修理 はてな版

読んで役に立つような日々のIT関連のサポート情報をまとめていきます。パソコン販売、修理&故障&トラブル対応、定期保守、クラウド(Office 365、G Suite)、モバイル、ネットワーク構築、テレワーク、WEB会議(Zoom)など、お気軽にモストまでご相談ください。

Windows 10のスリープ設定が反映されない時は、powercfg実行かレジストリ操作を試しましょう

新型コロナウイルスの影響でテレワークやWEB会議が一気に注目を浴びていますが、それに関連した問合せやご依頼も増えてきています。ちょうど先ほど下記のブログ記事で書いたZoom(WEB会議アプリ)は、一時期のLINEのような人気ぶりで、WEB会議アプリの主力になりそうな勢いを感じます。

WEB会議アプリのZoom|新型コロナウイルスで普及しています│[磐田,浜松,袋井] パソコンサポートと出張修理 奮闘日記

 

ZoomでなくてもTeamsやSkype、Hangout、LINE、Facebookでもほぼ同じことができますが、敷居の低さと目新しさがウケているのでしょうか?個人的にも使ってみましたが、わかりやすい画面構成で好感が持てますね。

 

さて話は変わって、ノートパソコンを使用しているときに、勝手にスリープモードに入ってしまうことがよくあります。バッテリ駆動時ならバッテリ残量の確保で助かるのですが、ACアダプタを接続しているときには困ることもあります。

 

スリープ設定は基本的には「設定」もしくはコントロールパネルから設定変更すればいいのですが、なぜかそのスリープ設定が反映されないことが稀にあります。

 

下記の画面はデスクトップパソコンでのスリープ設定なので若干違いますが、「設定」ー「システム」ー「電源とスリープ」から進むと、下記のように時間設定を変更できます。

f:id:pc-most:20200417122615j:plain

 

コントロールパネルだともう少し詳細な設定が変更できますが、スリープに関する設定をすべて見直しても、2~3分で勝手にスリープに入ってしまうという状況です。これはもう何が何だか分かりません。

 

インターネット上で調べてみると、どうやらこのような事情があるようです。

www.atmarkit.co.jp

 

Windows 10の仕様というよりもパソコン固有の仕様のようで、理由は不明ですが「システム無人スリープタイムアウト(System unattended sleep timeout)」機能が原因のようです。powercfgコマンドの実行かレジストリ操作をすれば、設定変更が可能になります。なるほど・・・

 

スリープ設定が反映されないときには、一度お試しください。備忘録として記事にしておきました( ・∇・)