【磐田,浜松,袋井】パソコンサポートと出張修理 はてな版

読んで役に立つような日々のIT関連のサポート情報をまとめていきます。パソコン販売、修理&故障&トラブル対応、定期保守、クラウド(Office 365、G Suite)、モバイル、ネットワーク構築、テレワーク、WEB会議(Zoom)など、お気軽にモストまでご相談ください。

新バージョンEdgeへ手動更新|Windows Updateで自動配信されない方は手動でどうぞ

普段使用しているブラウザ(インターネットを見るソフト)はGoogle ChromeとEdgeの2つで、G Suiteの利用時はChromeMicrosoft 365のときはEdgeといった感じです。日常のインターネット閲覧は、お気に入りやアドインを活用しているのでChromeが多いでしょうか。

 

Edgeも新しいバージョンが登場して、Windows Update経由での自動配信が始まっているのですが、こちらにはまだ配信されず(基本的にWindows Updateを止めているせい?)、手動でダウンロード&インストールしてみました。すでに配信されている方も多いと予想しています。

www.microsoft.com

 

上記サイトにアクセスすると、下記のようにダウンロードするアイコンが登場するのですぐにわかるでしょう。
f:id:pc-most:20200510173649j:image

 

今回のOSはWindows 10ですが、その他のOSも各種対応済み。OSサポートが終了しているWindows 7にもインストール可能なのは少し意外でした。Windows 7にまでインストール可能だと、Windows 7&新バージョンEdgeでインターネット接続する人も出てきてしまうのではないでしょうか?
f:id:pc-most:20200510173705j:image

 

iOSAndroidも対応していますが、iOSならSafariAndroidならChromeとOSに合わせて使うのが基本だと思いますので、特に用途がない限りスマホでは新バージョンEdgeは不要かな?
f:id:pc-most:20200510173726j:image

 

旧バージョンEdgeの削除は不要、上書きインストールでOKなので簡単です。
f:id:pc-most:20200510173743j:image

 

普段使っているMicrosoft 365用には新バージョンEdgeがいいでしょう。同じMicrosoft製ということで親和性も抜群。

 

新バージョンEdgeの新しい機能として「IEモード」がありますが、設定が少し手間で、これだったら普通にIEInternet Explorer)を起動したほうが早いので、しばらくは様子見ですね。

docs.microsoft.com

 

新バージョンEdgeは体感的にも速度が早くなっており軽快、普段メインで使っているGoogle Chromeより少し早いかな?という感想です。この軽快さは悪くないですね~。

 

セキュリティも当然向上しているので、Windows Updateで自動配信されないときには、手動で新バージョンEdgeに更新してみてください( ・∇・)