【磐田,浜松,袋井】パソコンサポートと出張修理 はてな版

読んで役に立つような日々のIT関連のサポート情報をまとめていきます。パソコン販売、修理&故障&トラブル対応、定期保守、クラウド(Office 365、G Suite)、モバイル、ネットワーク構築、テレワーク、WEB会議(Zoom)など、お気軽にモストまでご相談ください。

Google Chromeの原因不明のトラブルには「シークレットウインドウ」をお試しあれ

先日、磐田市のお客様へ出張サポートにお伺いしたのですが、マカフィー(セキュリティソフト)の更新がうまく進まないトラブルがありました。

 

そのお客様(会社)は毎年同じ時期にマカフィーの1年更新に行き、その際にパソコン周りの定期チェックも一緒に行っています。

 

更新作業は例年ならば期限前に連絡をいただいて行くのですが、今年はお客様も期限を忘れており、期限が切れた状態でお伺いすることに・・・それが影響しているのか不明ですが、いつものようにクレジットカード決済をしようとしても、決済エラーが出てうまく進みません。

 

最初はGoogle Chrome側に問題があるのかな?と思い、Edgeで試したところ、Edgeもエラーが出てしまいます。Internet ExplorerIE)も同様で、ブラウザを変更しても解決しません。

 

マカフィーのサポートに連絡して、チャットでやり取りしたのですが、結果的にはChromeの「シークレットウインドウ」を使うことで解決しました。

f:id:pc-most:20210118175053j:plain

 

support.google.com

 

シークレット ブラウジングの動作の特徴


・閲覧履歴、Cookie とサイトのデータ、フォームへの入力情報は保存されません。
・ダウンロードしたファイルと作成したブックマークは保持されます。
・アクセス先のウェブサイト、雇用主、学校、ご利用のインターネット サービス プロバイダには、閲覧内容を知られる可能性があります。

 

シークレットウインドウを使うと、過去のキャッシュや履歴を反映しないとのことで、これでクレジットカード決済が無事に完了、マカフィーの期限更新が可能になりました。

 

シークレットウインドウを使う機会は初めてでしたが、これは何かの機会に使えるかもしれないので、ぜひ覚えておこうと思います。

 

Chromeにあるのなら同じエンジンを使っているEdgeにもあるのかな?と思って調べたところ、やはりありました。Edgeでは「InPrivate ウィンドウ」と呼ぶようです。

support.microsoft.com

 

ブラウザを使っているときに謎のエラーが出て困ったときには、ぜひ上記のシークレットウインドウまたはInPrivate ウィンドウを使ってみてください。

 

~こんな記事も書いています~

 

以前は拡張機能を使っていましたが、バグが出てしまうので下記の方法でスクリーンショットを取るようにしました。

pc-most.hatenablog.com

 

スーパーリロードはよく使います。これは必須機能です。

pc-most.hatenablog.com

 

Googleの音声入力や翻訳技術は、かなりレベルが高くなっています。

pc-most.hatenablog.com

 

USB外付けタッチパッドを購入!ぺリックス PERIPAD-504で疲労軽減になるかな?

以前からマウスの使いすぎのせいか、左右ともに腕や指が痛いことがあり、その対策としてこちらのUSB外付けタッチパッドを買ってみました。

ぺリックス PERIPAD-504 タッチパッド 有線 持ち運び便利 大型タッチパッド サイズ 120x90x19 mm 【正規保証品】


f:id:pc-most:20210104171945j:image

 

以前にこちらの記事でも書いていますが、最初はマウスを右腕で使っていて、トラックボールマウスに変更してみました。が、親指が痛い・・・

トラックボールマウスで親指が痛い・・・普通のマウスに戻して改善しました│[磐田,浜松,袋井] パソコンサポートと出張修理 奮闘日記

 

ということで、左手にマウスを持ち替えて使っていましたが、今度は左手の肘から下の部分(何て言うんだ?)の筋肉が痛みだし、これも何か考えないと・・・と思うようになり、今回のUSB外付けタッチパッドを購入に至りました。

 
f:id:pc-most:20210104171955j:image

 

静音マウス(クリック音が静か)も迷いましたが、価格も2,500円ほどで気軽に買えるので、まずはこちらからですね。

 

接続は、USBケーブルをつなぐだけのプラグアンドプレイですぐに使用できます。無線モデルもあるそうですが、有線の方が安心かな?と感じます。

 

タッチパッドの感度は悪くなく、ごくごく普通のノートパソコンのタッチパッドの感度です。レビューを見ると感度が悪いなどと書いていますが、特に問題はありません。

 

似たようなUSB外付けタッチパッドはいくつかありましたが、このPERIPAD-504は左右のクリックボタンがあるのが決め手でした。このボタンを要望するレビューが多かったため、PERIPAD-504に決定です。

 

今のパソコン構成(デスクトップ型)は、キーボードを中心に左右にマウス&キーボード下にUSB外付けタッチパッドという配置になっており、キーボードを打つときにタッチパッドが邪魔になってしまうのが難点・・・

 

あとは、ページの上下スクロールが2本指で可能ですが、ズームイン&アウトに誤動作することがあり、この辺は慣れが必要かもと感じます。それ以外は、この価格なら文句は特にないでしょう。

 

この先も長くパソコンでの仕事はしていくことになるので、少しでも指や腕の痛みの軽減になればと思います。いろいろと試行錯誤するしかありませんね~。

2台目のスマートウォッチ!Xiaomi製Miスマートバンド5が到着です

最近、以前にも使っていたスマートウォッチを再度購入してみました。購入したのはこちらです。

Miスマートバンド5 - Xiaomi Japan
https://www.mi.com/jp/mi-smart-band-5/

 

f:id:pc-most:20201212113037j:plain

 

以前に購入したXiaomi製スマホの印象が良かったので、同じくXiaomi製のスマートウォッチを購入しました。

 

Amazonで調べてみるとわかりますが、それこそ無数とも呼べる4,000円ほどのスマートウォッチがずらりと並んでおり選択に迷いますが、よく分からない中国メーカーよりは信頼の置けるXiaomi製の方が安心です。

 

購入したのがグローバル版だったためマニュアルは英語で、さらにスマートウォッチの画面も英語ですが、それほど難しい内容ではないので大丈夫でしょう。以前にも使ってたので、なんとなくの感覚でわかります。

 

使ってみて数週間経過しますが、バッテリの持ちが良く、まだ初回の1回しか充電を行っていないほど優秀です。充電方式もマグネットでカチャッと付けて充電できるので、非常に簡単で好印象。

 

以前のスマートウォッチは、下記のように充電が不可になって半年で故障&廃棄になったので、今回はさてさてどうかな?と様子見です。

pc-most.hatenablog.com

 

最初のセットアップはマニュアルを見ながら進めます。専用アプリを導入、アカウントを新規作成、スマホとスマートウォッチをペアリング、スマートウォッチのファームウェアをアップデートと進めます。

 

ジョギングをたまにするのですが、その時の諸費カロリーや走った距離、タイムなども測ることができるので、ジョギングのやる気にも繋がります。

 

バンド単体で購入することもできるようですし、4,000円ほどのスマートウォッチでは、現時点ではかなり良い商品ではないでしょうか?

 

はじめてのスマートウォッチにも最適で、軽くて充電の持ちもよく、メーカーの信頼度も高いMiスマートバンド5は、楽しくてなかなかお勧めできます( ・∇・)

 

~こんな記事も書いています~

 

初のスマートウォッチ購入時の記事です。

pc-most.hatenablog.com

 

システムアップデートも頻繁に行われており、Wi-FiバグもXiaomi側で認識済み、しっかり対応してくれています。

pc-most.hatenablog.com

 

Xiaomi製のスマホ購入時の記事です。コストパーフォーマンス抜群です。

most.hamazo.tv

 

完全シャットダウンと通常シャットダウンの2種類の違いについて

パソコンを使っていないとき(例えば夜間)には電源を落とすシャットダウンをすると思いますが、このシャットダウンには実は2種類あります。

 

Windows 7までは、シャットダウン=完全シャットダウンでしたが、Windows 8から完全シャットダウンと通常シャットダウンの2種類が出てきました。

 

普段は特に気にする必要はありませんが、時々この完全シャットダウンが必要になることも出てきます。

www.tipsfound.com

 

Windows10 で完全にシャットダウンする方法を紹介します。

完全にシャットダウンすると Windows 10 の動作が不安定になっているのが直るかもしれません。再起動でも同様の効果があります。

普段は通常のシャットダウンで問題ありません。

 

完全シャットダウンは、上記のリンク先にも書いていますが、Shiftキーを押しながらの操作が必要ですが、面倒なときには再起動を行えば、再起動する際には完全シャットダウンを行った後に再度Windowsが起動するので、同じ効果が得られます。

 

Windows Updateの後には再起動を要求されますが、これは完全シャットダウンをしてくださいという意味も込められているはずで、それ以外にもWindowsの挙動が怪しいときには完全シャットダウンをしてみることもオススメです。

 

常に完全シャットダウンする設定もありますが、普通はそこまでは必要ないでしょう。設定方法は上記リンク先にも書いていますが、どうしてもという方はぜひどうぞ。

 

ハードディスクやSSDの交換の際にも、できれば完全シャットダウンを行ったほうがトラブルは減ると思いますので、個人的にも忘れないようにしておきたいところです(たぶん忘れそう・・)。

 

~こんな記事も書いています~

 

 こういったブルースクリーンエラーも、もしかしたら通常シャットダウンの情報が関係しているのかもしれません。

pc-most.hatenablog.com

 

SSDへの換装時には、万全を期して完全シャットダウン後に行いたいものです。

pc-most.hatenablog.com

 

こちらも同様ですね。完全シャットダウンを忘れないようにしないと。

most.hamazo.tv

 

Chromeでページ全体のスクリーンショットを簡単に撮る方法(拡張機能は不要)

メインで使っているブラウザ(インターネットを見るソフト)は、パソコンの場合にはG Suiteを使っている関係でChromeとなっています。

 

そのChromeでページ全体をスクリーンショットで撮りたいときがたまにあり、クレジットカードの明細を紙で残す時にたまに使います。

 

クレジットカードの明細を表示→ページ全体をスクリーンショット→画像保存→画像編集ソフトで必要部分を切り抜き、といった流れです。

 

今までは「Full Page Screen Capture」という拡張機能を使っていましたが、ある時から横線が入ってしまったり、途中で押しつぶされたような感じで抜けが出てしまったり、ちょっとしたバグが出てくるようになりました。

 

ページ全体といっても、今表示されている画面だけではなく、下にスクロールが必要な縦長のページを含めた全体という意味です。「Full Page Screen Capture」は長いこと使っていましたが、調べてみたところ下記のような方法を発見しました。ありがとうございます!

 

requlog.com

 

ブラウザ拡張機能をインストールしたり、何かしらのソフトウェアを使うという手もあるでしょう。でも「WEBページ全体のスクリーンショットが欲しい」だけなら、Google ChromeFirefoxのデフォルト機能で、スピーディーに、簡単に手に入れることができます。

 

上記の方法なら拡張機能をインストールする必要もなく、コマンド(ショートカット)だけでスクリーンショットが撮れて非常に便利!

 

初期設定では「Responsive」でモバイル表示になっており、パソコン表示にしたかったので「iPad」に変更すると、通常のパソコン表示になりました。この辺は、その都度柔軟に変更して対応する必要があるかもしれません。

 

これで拡張機能が不要になり、バグに悩まされることもなく、今までの問題が解決してスッキリしました。

 

「同じシステムを使っているEdgeでもどうかな?」と思って試してみると、どうやらEdgeでも同様にページ全体のスクリーンショットが撮れそうです。

 

簡単にできるので、お困りの方はぜひ使ってみてください!

 

~こんな記事も書いています~

 

このスーパーリロードはよく使いますね。確実にリロードできます。

pc-most.hatenablog.com

 

Edgeも出来がよくなり、Chromeと遜色ない出来です。元が同じだから当たり前かな(笑)

pc-most.hatenablog.com

 

こちらが「Full Page Screen Capture」という拡張機能です。ちょっとしたバグが気になります。

most.hamazo.tv