【磐田,浜松,袋井】パソコンサポートと出張修理 はてな版

読んで役に立つような日々のパソコン関連のサポート情報をまとめていきます。パソコン販売、修理&故障&トラブル対応、定期保守、クラウド化、ネットワーク構築、廃棄パソコンの引き取りなど、お気軽にモストまでご相談ください。

中華スマホのUMIDIGI Powerへ機種変更!Android 9 Pie搭載でスタイリッシュな外観です

普段使っているスマートフォン(以下スマホ)が3年を経過して、故障する前に交換することにしました。故障してからではスマホ(電話)を使えない期間が長くなってしまい、仕事にも支障をきたしますので、早めの交換が良いでしょう。

 

今回購入したのが、こちらの中国製の格安スマホ。いわゆる中華スマホという品ですね。インターネット上なら簡単に買える中華スマホで、個人的には特に抵抗はないので、今回はAmazonで購入しました。

UMIDIGI Power

f:id:pc-most:20191111170643j:image

 

以前にこちらの記事にも書いていますが、事前にバックアップを取っておいてからスマホを交換しましょう。スマホが故障してからではバックアップが取れないので、やはり故障する前に交換がベスト。

most.hamazo.tv

 

化粧箱は安っぽさは全くなく、むしろ高級感がありデザインも悪くありません。中身はこのようになっています。
f:id:pc-most:20191111170646j:image

 

スマホ本体とUSBケーブル、ACアダプタ、取扱説明書が付属しています。ACアダプタは、もちろん日本のコンセントに対応しています。
f:id:pc-most:20191111170715j:image

 

電源ボタンを押すとAndroidのセットアップ画面が出てきます。Android 9 Pie搭載で、以前のスマホAndroid 5.1なので大きく進化しています。さすがに3年経ってますからね〜。

f:id:pc-most:20191111170726j:image

 

取扱説明書は日本語明記もあります。特に見る箇所は少ないですが、日本語表記があると安心です。
f:id:pc-most:20191111170654j:image

 

液晶フィルムもすでに貼られていますし、スマホカバーも標準で付いていて親切です。ストラップホールもあるので、スマホ用のストラップを付けて落とさないようにしたいところ。
f:id:pc-most:20191111170650j:image

 

色はゴールドを選びました。黒とゴールドの2択でした。なかなか高級感があって悪くありません。
f:id:pc-most:20191111170731j:image

 

液晶フィルムがこの下に貼られています。ここもなかなか親切です。
f:id:pc-most:20191111170723j:image

 

SIMスロットや指紋認証ボタン、カメラの説明がシールで貼ってあります。カメラはそれほど期待していませんが、まあ撮れればいいかな?という感じです。カメラにこだわる方は、もっと高価なスマホを選びましょう。それほど酷いカメラでもないですが、スマホの価格はカメラの性能で大きく左右されます。
f:id:pc-most:20191111170700j:image

 

Android 9 Pieのセットアップ開始です。Wi-FiGoogleアカウント設定をスキップすれば、数分で終わります。あとで設定すれば大丈夫ですが、最初に設定してももちろん問題ありません。
f:id:pc-most:20191111170719j:image

 

Googleアカウントからのバックアップ画面です。ここからバックアップしたデータのリストアができます。
f:id:pc-most:20191111170712j:image

 

初期設定が完了しました。別に難しい点は特にありません。ここからのアプリ設定やSIMカード設定(APN)、細かな設定作業をすることで、以前のスマホの状態に戻すことができますが、ここからが時間がかかります。頑張りましょう。
f:id:pc-most:20191111170705j:image

 

このような感じで、格安スマホのUMIDIGI Powerの簡単な説明となります。この後に、まさかの初期不良が判明してバタバタすることになりますが・・・それはまた次回の記事で書きます。初期不良については機械である以上仕方がないとも言えますが、できるだけ早めに見つけて対応するようにしています。

パソコン修理完了です!富士通 ESPRIMO FH56/GD (FMVF56GDW)

先日、磐田市のお客様からパソコン修理のご依頼がありました。夜間遅くのお電話をいただき、お急ぎのようでしたので、取り急ぎパソコン一式だけ先にお持ちいただきました。

 

パソコンは液晶一体型 富士通 ESPRIMO FH56/GD (FMVF56GDW)で、Windows 7の7年ほど経過したパソコン。電源が急に入らなくなったとのこと。

 

パソコン内部のデータ救出が必要とのことで、パソコンを分解してハードディスクを取り出してデータ救出を進めます。液晶一体型でもまだ分解が簡単な機種ですね。

f:id:pc-most:20190829054457j:image

 

ハードディスクが見えてきました。2TBのハードディスクを使用中です。
f:id:pc-most:20190829054448j:image

 

ハードディスクを取り出して、その後に外付けハードディスクケースに接続して他のパソコンでデータ救出していきます。データ自体はすべて無事で、ユーザーデータをすべて救出、メールデータやIEお気に入りももちろん救出OKです。
f:id:pc-most:20190829054444j:image

 

パソコン内部のホコリや汚れが目立ったので、エアーブロワーでホコリを吹き飛ばして、さらに綿棒でホコリを丁寧に取り除きます。ホコリでパソコンが起動しない、途中で落ちるということもあるので、しっかり取り除いておきましょう。

 

ハードディスクとメモリが不具合ありでしたので交換、今回はご予算の関係で中古ハードディスクと中古メモリに交換です。BIOSでもハードディスクとメモリの認識はOKです。
f:id:pc-most:20190829054435p:image

 

Windows 10をクリーンインストールしていきます。もともとはWindows 7でしたが、まもなくWindows 7の公式サポートも終了ですので、今後も使い続けるのならWindows 10の一択でしょう。起動メニューでDVDを選択します。
f:id:pc-most:20190829054427j:image

 

DVDディスクからのWindows 10をクリーンインストールしていきます。富士通製のパソコンで公式にドライバはすべて対応しているわけではありませんが、基本的な性能・ドライバはOKです。
f:id:pc-most:20190829054440j:image

 

Windows 7 Home Premium x64を使用していたので、今回も同じエディションでWindows 10 Homeを選びます。もちろんx64です。
f:id:pc-most:20190829054451j:image

 

セットアップを画面に沿って進めていきます。
f:id:pc-most:20190829054454j:image

 

バージョンは記事を書いた時点での最新だった1903を適用、問題なくセットアップ完了です。少し前の記事ですので、現時点の最新バージョン1909ではないのはご容赦を・・・
f:id:pc-most:20190829054431j:image

 

Windows Updateで初回は大量の更新プログラムが降りてきます。すべてインストールしましたが、いくつかのドライバは適用されず、富士通のサイトにもWindows 10用のドライバはもちろんないので、いくつかの機能は諦める必要があります。
f:id:pc-most:20190829054424j:image

 

とはいえ、基本的な使用はすべてOK、普段使いにはまったくといっていいほど問題ないはずです。これでパソコン修理は無事に完了しました。

 

ということで、今回は磐田市からのパソコン修理のご依頼でした。このパソコン以外にもデータ救出して欲しいメディア(SDカード)があるそうなので、次回またお持ちいただけるとのこと。今後とも、どうぞよろしくお願いします!

Wi-FiルータのTP-LINK Archer C6を購入!まずアクセスポイントモードに変更します

浜松市の定期保守先の会社のWi-Fiルータの調子が悪く、買い替えを検討していました。その前に、実際に設置されているWi-Fiルータバッファロー製)が原因なのか切り分けるために、手持ちのWi-Fiルータに交換して様子見です。

 

数週間経っても、交換後は特に問題も出ていないとのことでしたので、これはWi-Fiルータの不具合・故障と断定して、下記のTP-LINK Archer C6に交換することになりました。

Archer C6 | AC1200 MU-MIMO ギガビット 無線LANルーター 867Mbps+300Mbps | TP-Link Japan

f:id:pc-most:20191024113910j:image

 

TP-LINKというメーカーは中国にあるメーカーで、個人的にもWi-Fiルータを持っていますが、性能的にもまったく問題なく、むしろこまかな設定をいろいろと触れるので好きなメーカーだったりします。

 

Archer C6は初期状態ではルータモードに設定されているので、アクセスポイントモード(ブリッジモード)に変更してあげる必要があります。変更の際には、バッファロー製のWi-Fiルータのような物理的なスイッチがないので、Archer C6にログインしてアクセスポイントモードに切り替える必要があります。

 

客先納品前なので、まだビニールのカバーはかけたままです。
f:id:pc-most:20191024113900j:image

 

変更方法はマニュアルに書いてあるとおりに進めればOK、特に難しい点はありません。ルータやアクセスポイント、ブリッジモードなどの意味がわからないと少し手間取るかも?Archer C6の電源ボタンを入れて、ルータとArcher C6をLANケーブルで接続します。その後に、Archer C6とパソコンをLANケーブルもしくはWi-Fiで接続します。

 

ルータのIPアドレスが192.168.0.1なので、IPアドレスの競合を避けるためにArcher C6側で自動的に192.168.1.1に設定変更されました。
f:id:pc-most:20191024113914j:image

 

初回ログイン時にパスワード作成が必要なので、メモを残しつつパスワードを作成します。そしてログインして、「詳細設定」から「アクセスポイント」を選択します。初期設定では下記が「ルーター」に選択されています。
f:id:pc-most:20191024113904j:image

 

保存すると自動的にArcher C6の再起動が始まり、その再起動が終わるとアクセスポイントモードに変更されて使うことができるようになります。
f:id:pc-most:20191024113907j:image

 

慣れている方には何てことのない作業ですが、TP-LINK製のWi-Fiルータはこのようにシステム上で設定変更してあげないといけません。

 

このTP-LINKというメーカーは中国のメーカーで、保証期間も3年間と長く安心して使うことができます(通常は1年間)。故障や不具合でメーカー保証を使ったことはまだありませんが、別製品のWi-Fiアダプタでサポートに連絡したときにもすぐにメール対応(日本語)もしてくれましたので、特にサポート面での心配も不要でしょう。

 

中国のメーカーということで「ルータとして使うのは・・・」という方もいるかもしれませんが(ファーウェイの件もありますので)、単純なアクセスポイントでの使用ならまあ問題はないと思います。4本の大きなアンテナが電波の強さを誇示してますが、電波が弱いということもまずないでしょう。

 

個人的にもこのメーカーのWi-FiルータWi-Fiアダプタ、Wi-Fi中継機を使っていますが、今まで問題は何もありません。というか問題どころか、性能的にもまったく問題なく、コストパフォーマンスに優れた機器だと感じます。スマホにしてもネットワーク機器やパソコンにしても、中国メーカーは侮れません。トランプ大統領が警戒するのもわかる気がします。

マイクロソフトオフィス2019のディスク作成について

マイクロソフトオフィス(以下MSオフィス)のバージョンも現在では2019が最新版となっており、法人向きにはOffice 365が主流になりつつありますが、まだまだ買い切り版のMSオフィス2019も売られています。

 

MSオフィスのインストールの際には、通常はマイクロソフトアカウントにログインして、そのプロダクトキーに合わせてインストーラをダウンロード&インストールするのが確実ですが、以前のようにディスクからインストールする機会もあります。

 

確かMSオフィス2010まではディスク付属で2013からディスク無し&プロダクトキーのみになったと記憶していますが、インターネット環境がないオフライン時のインストールにも、このディスクは使用できます。なので、1枚ディスクを作成しておきました。

 

2019になってからは少しディスクの作成方法(画面)が変わっていますが、基本的な作成方法は同じ。インストーラをダウンロードしてディスクに書き込むわけです。

 

マイクロソフトアカウントにログインして、該当のプロダクトキーのダウンロードを進めます。実際にはインストールはしませんが、途中まで下記の画面で進み、ここで「インストールする」ではなく、「その他のオプション」を選びます。「インストールする」を選ぶとダウンロードか始まってしまいます。

f:id:pc-most:20191004155811j:image

 

言語を日本語にして「オフラインインストーラーをダウンロードする」にチェックをつけて「ダウンロード」を選択。
f:id:pc-most:20191004155815j:image

 

「Personal2019Retail.img」という名前のイメージファイルがダウンロードされます。3.4GBあるのでダウンロードにも時間がかかります・・・今回は30分以上かかりました。
f:id:pc-most:20191004155818j:image

 

このイメージファイルには32ビットと64ビットが含まれていますね。Windowsだけでなく、MSオフィスにも32ビットと64ビットがあるわけです。
f:id:pc-most:20191004155807j:image

 

ダウンロード後は、そのイメージファイルをディスク(DVDなど)に焼き込めば完成です。ライティングソフトを使って作成しましょう。Windowsの標準機能でも作成できるのかな?もし不可なら、無料ソフトでも対応できるはずです。

 

こうしてディスクを1枚作成しておくと、オフライン時にもインストールできて何かと重宝します。インストール後にはプロダクトキーを要求されるので、インターネット接続した上でプロダクトキーを入力して、ライセンス認証を済ませれば完了です。

 

1枚このディスクを作成しておくと、何かと重宝しますね。

G Suiteで取得したメールアドレスのユーザー名の変更

2014年にG Suite(当時はGoogle Appsでした)を使い始めてから、最初にメールアドレスを決めるのですが、そのときに「まずは1人目だからadminでいいか!」と思って、admin@~~~と決めました。

 

その後もG Suite自体は重宝していますが、せっかくのメールアドレスがadmin@~~~では使い勝手が悪く、なんとかして変更できないか調べてみました。

 

f:id:pc-most:20191008151306j:plain

 

いちばん簡単なのは、2人目のユーザーを作って例えばsuzuki@~~~のようにすれば解決ですが、もちろん毎月の料金が追加でかかりますし、今年から500円→680円に値上がりしていますからね。余計にこの案は無しです。1人で使っているのに2人分の料金を払うのもおかしな話ですからね。

 

次の案としては、admin@~~~のメールエイリアスを作成して、それをメインメールとして使用する方法です。エイリアスだったら30個まで作成可能ですし、suzuki@~~~もsato@~~~も複数作成可能。これだったら@以下のドメインももちろん変わらないし、自分の名前をユーザー名にしてメールを作って、会社用のメールとして使うことができます。

 

この案がいい!と思い、早速エイリアスを作成していきます。
メール エイリアスの追加や削除

 

エイリアス自体の作成は簡単で、上記リンク先を参考に作成して、Gmailで受信するだけ。admin@~~~のメールボックスに受信できるようになります。これでメール受信はOK。

 

今度はメール送信時の問題があり、このままだとadmin@~~~からのメールとして送信されてしまいますので、下記を参考にsuzuki@~~~が送信元になるよう設定します。
別のアドレスやエイリアスからメールを送信する

 

この送信元の設定は、メール送信時に別の送信元に変更・選択することもできますし、デフォルトをどれにするかの設定もできますので、今回はデフォルトをsuzuki@~~~に設定しました。これで、メール受信もメール送信もsuzuki@~~~として使用できるようになりました。Gmail自体はadmin@~~~を使用しています。

 

スマホGmailアプリにもこの設定はもちろん反映されているので、メール受信も送信ももちろんOK。自由に送信元を変更することができます。

 

今までずっとメインのメールアドレスは無料のGmail(~~~@gmail.com)を使用していましたが、今後はこのsuzuki@~~~をメインで使用していきたいと思います。~~~@gmail.comでも何の不自由もないし、個人事業主なので問題もまったくないのですが、せっかくの独自ドメインを取得しているので、ドメインメールも使いたいなと思います。

 

文章にすると何がなんだかわかりにくいかと思いますが、やっていることは結構シンプルだと思います。エイリアスを活用するとメールアドレスも増やせますし、いろいろと遊べて意外に楽しかったりします( ・∇・)

iPhoneの「もとに戻る」機能がフリフリでできるとは!

iPhoneはだいぶ前から使っており、iPhone 4のときから何だかんだで使い続けていますが、今まで疑問だった「もとに戻る」機能。iPhoneだけでなくアプリを見てもどこにもこの機能がなく、もともとないものだと思っていました。

 

ところが・・・ちょっと調べてみると、この「もとに戻る」機能があることを発見!何年も知らずにいたとは・・・
文字入力時に消してしまった文字を戻す方法

 

上記リンク先のように、iPhoneまたはiPadを軽くフリフリすると、下記の画面が出てきてもとに戻す=取り消すことができます。誤って消去した文章もこれで復活! 

f:id:pc-most:20190930090808p:image

 

メモアプリにはEvernoteを愛用しており、ごくまれにiPhoneEvernoteアプリで誤って内容を削除してしまうことが何度かありました。そのときに、パソコン版なら元に戻す機能はありますが、アプリ内にはそのような機能がなく諦めていました。

 

無料版を使っているということもありますが、有料版にすればバージョン管理をしているのでバックアップが可能ですが、無料版で十分なのでこの方法も使えません。他の方法としては、パソコンのデスクトップ版アプリを使用しているので、iPhone側で誤操作をしたときにはパソコンをオフラインにして同期を止めて、内容をコピー、その後に同期を再開して復元という方法を取っていました。

 

結局この方法は使うことなく終わりましたが、今後は上記のiPhoneのフリフリで解決できますね。iPadでもフリフリでもとに戻せますが、iPadが大きいので落下の危険があるので注意しましょう。

 

どれくらい前のバージョンに戻せるのかな?と思ってテストしてみると、3世代前まではもとに戻すことができました。1世代前でも十分ですが、3世代までさかのぼれるとはこちらも大助かりです。

 

このiPhoneの機能を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?知っている方には「えっ!いまさら何を・・・」と言われそうですが、知らない方はぜひ覚えておくといざというときに役立ちますよ~。

中国製スマホのUlefone NOTE 7Pに買い替え!コスパ抜群で何の問題もなし

以前にこちらの記事にも書きましたが、妻のSIMフリー格安スマホが充電できない状態になり、修理も難しいので新しく購入しました。

most.hamazo.tv

 

3年ぶりに購入したスマホはこちらの中国製スマホのUlefone NOTE 7P。SIMカードマイクロSIMなので選択肢があまりなかったのが辛いところですが、テストも兼ねての購入です。

http://ulefone.com/products/note7p/features.html

f:id:pc-most:20190908102753j:image

 

日本では一般的に販売されていない中国製のスマホは実はたくさんあり、その中でもアマゾンで購入できるこの機種は、性能もそこそこでマイクロSIM対応、1年保証が付いているので安心かなと。中国製の機器は、個人的な感想ですが、最初は問題なく動作するけど、しばらくすると充電できなくなったり故障したりというケースが多く感じられるので、1年保証は必須です。

 

以前にこちらの記事にも書いた中国製のSemiroスマートウォッチも、1年もたずに故障して充電ができなくなりました。メーカー保証も6か月で短く、しかも過ぎてしまっており、対応しようがなくなりました。3,000円ほどの安価なスマートウォッチでしたが、それなりに楽しめたので良かったのですが。

pc-most.hatenablog.com

 

スマホ本体とスマホケース、液晶フィルム予備(もともとフィルム貼り済み)など付いており、なかなか親切な対応。色は紫ですが、グラデーションがかっており、安っぽさはまったくありません。むしろかっこいいと思います。
f:id:pc-most:20190908102819j:image

 

SIMカードを挿入するために裏カバーを外していきます。ツメが硬かったですが、折らないように慎重に外してこのような感じになっています。左上のSIMスロットはナノSIM、右上はマイクロSIMが挿入できます。マイクロSIMは現在はもう旧規格になっています。
f:id:pc-most:20190908102815j:image

 

SIMカッターでマイクロSIMをナノSIMへ変更するという方法もあるようですが、個人的にはちょっと遠慮ですかね・・・

most.hamazo.tv

 

初期状態で充電が80%ほどされているのもニクいところ。こういう細かな点もしっかりサポートされていて、少し驚きました。中国製も侮れません。電源をすぐに入れてOSセットアップ可能です。
f:id:pc-most:20190908102806j:image

 

アンドロイド9.0搭載でセキュリティ的にも安心です。以前のスマホがアンドロイド5.1(3年前に購入)だったので、9.0は動作もきびきびしており快適に使えます。性能はほどほどだったので動作はどうかな?と心配でしたが、通常使用は問題なし。ネットやLINE、メールやYouTubeもサクサク動くので安心しました。指紋認証もOKでコスパ抜群です。いやいや驚いた。
f:id:pc-most:20190908102759j:image

 

10,000円ほどで購入できて動作も特に問題なし、というか以前のスマホよりはもちろん早いので、今の時点では良い買い物だったと思います。あとは耐久性ですかね。最低でも1年、できれば2年持ってくれれば御の字でしょうか?

 

スマホ代が毎月1万円を超える(通話込み)という方も多いと思いますが、通話代はIIJで2,000円ほど、スマホは初回に買いきっているので毎月の負担はなし。この差は子供がまだ小さい我が家には家計が大助かりです。

 

iPhoneを買えば10万円近くしますし、一体この差は・・・と思いますが、iPhoneも使っていてその魅力は十分に熟知しています。ブランド力も絶大ですし、ハードとソフトを同じメーカーが作っているメリットは、Google製の一部のスマホを除いて他にはありません。

 

今後また妻が使ってみて、また何かブログネタになりそうなことがあったら記事にします。僕のメインの格安スマホも、SIMカードをナノSIMに交換してスマホの買い替えを検討しようと思います^_^